読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから始めるデジタル造形

アラフォーのおっさんが、今更ながらデジタル造形師を夢見て日々邁進(ときどき寄り道)しております。

とりあえずリトポまで

 来年の夏のワンフェスに向けて、ラブライブ!サンシャインの津島善子ちゃんと松浦果南ちゃんのモデリングを始動。

 とりあえず津島善子ちゃんの素体のリトポまでできました。

 いやぁ、遅い遅い(苦笑)

 大まかな形はzbrushを使用して、リトポはmodoを使用しました。

 modoでリトポする前にzbrushのポリペイントで下の写真みたいにポリゴンを描き、

f:id:orangekujira:20170515000943j:plain

で、そのままgozでmodoへと持っていったら、ポリペイントが消えていたので、調べたらテクスチャにポリゴンを描かないといけないとのこと。

 また描くのも面倒だし、ポリペイントに描いたやつをテクスチャに写す方法があるはずということで探したら、

f:id:orangekujira:20170515001049j:plain

 toolのtexture mapのnew textをクリックして新しいテキストを作り、uvマスターのunwrapをクリックしてuv設定(展開?)して、再びtexture mapのNew from polypaintをクリックすれば、ポリペイントで描いていたポリゴンがテキスチャへと写りました。

 それだけのことなのに、知るのにえらい時間がかかった(>_<)

 ちなみに写真のポリゴンについても、できるかぎり四角ポリゴンがいいとか、なんかルールがあるらしく、当初、手のひらの赤い部分が三角ポリゴンだったのですが、ポリゴンを張っているうちに、顔にも二つ三角ポリゴンがあり、顔と手のひらの間に一本線を引くと四角ポリゴンになり、結果、すべて四角ポリゴンとなりました。

 上のポリゴンの流れは、『zbrush デジタルスカルプティング 人体解剖学』という本を参考にしました。

 できたのが、これ

f:id:orangekujira:20170515002304j:plain

 四肢も、前回みたいに細すぎないと思います。

 これを流用して、果南ちゃんの素体も作成していきたいと思います。

 

 前回、クホリアのステージが下へ降りるときに変な音がしていたのですが、社長さんから、一部分で音が鳴るときはグリスが不足しているとのことで、グリスを送っていただき試したところ、音が無くなりました。

 素早い対応、ありがとうございます。

クホリア役に立っております

 GW前にクホリアの社長さんに色々と親切にしていただき、新しいノズルと交換していただきました。

 そのノズルを使って再びセッティング。

 今回はフィラメント用の穴を使わずに使用したところ、特に引っかかること無く稼働。

 

f:id:orangekujira:20170509010410j:plain

 別に穴を通さなくても良いとのことだったので、フィラメント用の穴の下にある大きな穴を通して・・・

f:id:orangekujira:20170509010536j:plain

 こんな感じで、フィラメントが流れました。

 穴が大きいので、穴で引っかかることもなくなりました。

 

 あとセッティングで大変だったのは、ノズルと造形テーブルとのすきま調整。

 だいたいノズル交換したときは、ほとんどすきまがない状態になので、ノズル装着を何回もしていると、すきまを広げるためにねじを巻くとき、すでにいっぱいいっぱいになっていて、これ以上ねじを巻けず、結果的にすきまを広げなくなってました。

 だからノズルを装着し、ノズルinのボタンを押す前に、すきまを狭まる方へある程度ねじを回しておく必要があります。

 そうしなかったせいでえらい目に遭いました(T-T)

 またノズルが傷ついたかも

 あと(まだあるのかい!)、すきま調整でスペーサーを使用すると思いますが、引っかかりのないようにすることが非常に重要!!

 すきまが大きすぎると、テーブルとフィラメントがくっつかなかったり、一層目のサポートが波状になったりと明らかにダメなんですが、すきまが狭い(スペーサーに少しひっかかりを感じる状態)でプリント始めると、一層目はテーブルにきちんとつくけど、二層目が一層目にくっつかなくなりました。

 解決策は、説明書どおり抵抗がなくなるぐらいで止めるのが一番ということです。(上で説明したとおり、すきまを広げる方向へねじを巻けなかったせいなんですが)

 

 とにかく無事これらをクリアーし、現在来年のワンフェス目指してラブライブ!サンシャインの善子ちゃんを作っているのですが、画面だけでは大丈夫かどうかわからず、それを確認するために、クホリアでプリントアウトしたのがこれ。

f:id:orangekujira:20170509013406j:plain

f:id:orangekujira:20170509013428j:plain

 フィラメントが白いのでサフを吹きました。

 ノズルは0.3ミリで、0.05ミリの積層で大きさは縦3センチくらいで、3時間ぐらいかかったと思います。

 細かいところをチェックするのにも十分な綺麗さです。

f:id:orangekujira:20170509014013j:plain

 左腕はサポートを取るときにとれちゃいました。

 頭の方は、サポートを最小限に設定してましたが、体は高さ16センチということで上から2番目のサポート量に設定したと思います。

 サポートが多すぎたのかな。

 時間短縮のため、ノズル0.3ミリ、積層0.15ミリとし、15時間ぐらいでできました。

 ちなみに駆動音をスマホの騒音アプリで測ったところ、一番うるさくて50強くらいでした(夜間は45超えるとうるさく感じるらしいですが、RC造の古い建物で頑丈に作られているから階下や階上には響いていない・・・はず)

 

f:id:orangekujira:20170509014831j:plain

 積層0.15ミリなので、積層痕がはっきり見えちゃいます。

 今回は、体については大まかな造形具合を確認したかったので、特に問題なし。

 

f:id:orangekujira:20170509015152j:plain

 ただ、太ももの付け根が膨らんだ理由はよくわからない。

 データではこんな風にはなっていなかったのに。

 

 手軽にプリントアウトでき、手にとって確認できるだけの綺麗さがあるのがクホリアの魅力だと思います。

 だからちょくちょく確認ためのプリントアウトをしていきたいと思います。

 

 最後に、造形テーブルが下降するときに高い音がなってしまう。

 説明書どおり、zベースの水平調節をやっているのだけど、直らない(T-T)

 

f:id:orangekujira:20170509020442j:plain

 写真ではわかりづらいけど、zベースが真ん中に向かって心なしか凸になっている感じがするけど、そのせいかな?それともグリスが足りないのかな?

 

 

 

 

 

クホリア改良!?

 前回、シートからABSがとりづらいとか色々あったので、Amazonのレビューなどからよさげなものを何点か購入し、自分に合ったものが見つかったので、参考までにブログにアップ。

3M 3Dプリンタープラットフォームシート(3枚入) ABS/PLA対応 3099AB

 

えらい文字でか(^^;)

Amazonの品名をコピペしたら文字の大きさ変更できなかっただけですが、一推しということで。

このシートだとすごく簡単にとれます。

シートにこびりつかず、お手入れも楽ちん(*^_^*)

ちなみに、私が使っているフィラメントは、ABSで、

  商品名:APEX 3D

です。

そりにくくて(といっても他に使ったことないのでよくわかりませんが)、思った以上に臭いもなく(鼻が悪いだけかも)、良かったと思います。

で、シートの話に戻りますが、クホリア純正シートと比べての欠点は、

・接着面の造形が少し粗くなっている気がする(接着面以外は変わりません)

・シートが小さい

f:id:orangekujira:20170427003205j:plain

白いのがシートで、奥と向かって右側がカバーできずに台が見えているのがわかると思います。

それでも、簡単にとれるというのはありがたいので、これより良いのがでるまでは、これを使っていこうと思います。

 

で、題の改良というところですが、何度か造形していると、途中までしか造形されていないことがたびたびありました。

原因を調べていると、

f:id:orangekujira:20170427003541j:plain

赤く囲ったやつが動いているうちに、フィラメントを通す穴とフィラメントの流れが

f:id:orangekujira:20170427003720j:plain

上の通り、穴に対して真っ直ぐにフィラメントが出ていれば特に問題がないのですが、

f:id:orangekujira:20170427003810j:plain

上の通り、穴に対して斜めになると、穴がストッパーみたいになりフィラメントが流れず、結果、供給されなくなります。

供給されなければ当然造形物が途中までしかできなくなるわけです。

その対策として、穴から真っ直ぐフィラメントが通るようにすればいいわけで、色々試した結果、

f:id:orangekujira:20170427004059j:plain

ガレージキットを作っている人なら持っていると思いますが、1ミリのアルミ線で配線部分の下を通して輪っかを作り、その輪っかの中をフィラメントを通らせました。

ようは、フィラメントのガイドです。

フィラメントが穴に対して斜めになるのは、フィラメントを装着したときは、フィラメントは大回りでノズルの入り口の穴へと入っていたのが、いつの間にか、小回りになっていき、結果穴に対して斜めになってしまっていたので、そうならないよう上の位置で輪っかを作って、その中へフィラメントを通したわけです。

小回りになろうとする力は、それほど強い力ではない(と思う)ので、その力で配線を傷つけることはないかなと思っております。(違っていたら指摘をお願いします。なにせ高額だったので!!)

とりあえず、改良したおかげで安心してお出かけできます(*^_^*)

ついに!!...そして(T_T)

 ついに来ました!クホリア!!

 

f:id:orangekujira:20170423010005j:plain

 結構きれいに造形してくれます。

 

f:id:orangekujira:20170423010403j:plain

 写真では見づらいですが(^^;)

 ABSの0.3ミリノズルで積層0.05でやりました。

 手軽にプリントアウトできるので(1時間半ぐらいかかりましたが)データではなく物として確認できるのはありがたいです。

 ただ万事順調では無く、途中でノズルが詰まって出なくなり、「ノズルユニットの口金を外す」と書いていたけど、「口金」って何?というところからはじまり、結局ノズルユニットを外してユニットを持ちながら電熱でノズルを温め、清掃棒をユニットの上の入り口から押し込むなどして詰まりは解消したと思ったら、ノズルと造形ステージとのセッティングに時間がかかってしまった。

 セッティングのとき、ノズルユニットが無茶苦茶手前までくるので、六角レンジでノズルユニットを締めるのが大変でした。

 しかも造形ステージのぎりぎり端にノズルユニットが来るので、スペーサーの上にノズルを落とすと、ステージからわずかにノズルが落ちていたのか、再び造形しようとした際、ノズルが真ん中へと行くときに造形ステージを引きずるような音がして真ん中で動かずとか色々ありました。

 そしてなんとか造形を再開し、できたと思って喜んで造形ステージからサポート材を外したときに悲劇が!!

 

f:id:orangekujira:20170423012504j:plain

f:id:orangekujira:20170423012521j:plain

 造形ステージの上に貼っていた定着シートごと剥がれてしまった(T_T)

 ABSを剥がすのって、こんなに固いの???

 パーツクリーナーは必須なのかな?

 定着シート張り替えないと(T_T)

塗装終了

 なんとか塗装を終えました。

 フィギュア製作の色見本としての塗装です。

 リアルで塗装するとなると、塗装の腕が必要なのですが、それも現在勉強中です。

 勉強することが多くて大変だ(T_T)

 とりあえず塗装したのがこれ。

 

f:id:orangekujira:20170402013641p:plain

youtu.be 色つけると、いいね(^o^)

 モデリングの粗さもより出てしまっているような気がしますが(>_<)

 一旦、みつまちゃんは終了し、クホリアが来たときにすぐプリントアウトできるよう、明日からは分割の勉強をしていきたいと思います。

 ただそうなると造形でアップするネタがネタが無さそうなので、当分は、自分が購入したフィギュアのレビューでもアップしようかしら(^^;)

とりあえずモデリングは終了

 初めて自分で題材を選んでモデリングしましたが、なんとか終了しました。

 とりあえず完成したのがこれ。

 

youtu.be

 zbrushターンテーブル機能を初めて使いました。

 zbrushって色々な機能があるんやね(^o^)

 ただ画面を大きくすると画質が・・・

 とりあえずCGとしてはこんな感じで作りましたが、フィギュアとしてはまだ半分なので、このあとは3Dプリンターが来てからです。

 3D化の際には色々といじるかもしれませんが、どういじれば良いかは失敗して学ぶしかないと思います。

 3Dプリンターが来るのは4月後半になるみたいなので、あと一週間でみつまちゃんに色をつけて、その後3Dプリンターが来るまでは次のモデリングをしようと思います。

 色々と作りたいものがありますが、ワンフェスやトレフェスでの出展を意識したいと思います。

 

 

 

 

 

 

試行錯誤の末に

 なんとかストッキングの模様部分ができました(^o^)

 もっと良い方法があるんだろうけど、今の自分の限界です(^^;)

 

f:id:orangekujira:20170319011704p:plain

 まっ!スカートを履き忘れるなんて・・・みつまちゃんったらはしたない(*^_^*)

 で、作り方を忘れないようメモメモ

 まずはポリグループで模様部分をつけるところを分けます。

 分けたら、その模様部分だけを表示してUVマップを作成。

 プラグインのUVマスターだけでもできないことないですが、modoを使った方が綺麗なUVマップが作成できますので、私はgozを使ってmodoでUVマップを作成しました。

 zbrushmodoもUVについては全然わからなかったので、ネットや本を購入してお勉強・・・それでも完全に理解できなかったけど(^^;)

 modoで模様の画像を貼り付け、再びgozでzbrushへと持って行きたかったのですが、どうもmodoの場合gozでテキスチャをzbrushに持って行くことができないみたいです。

 ですので、UVマップだけをgozでzbrushへと持って行きました。

 それから再びgozでphotoshopへと持って行き、パターンブラシを使ってバラの絵を描いた後、またまたzbrushへ移動。

 zbrushのテキスチャにバラの絵がポリペイントとして写っているので、[mask by intensity]をポリペイントをマスキングしてそれを反転するとこんな感じ。

f:id:orangekujira:20170319014436p:plain

 後はinflateで小さくして溝を作りました。

 photoshopはブラシやテクスチャが沢山あるので、それを利用できないかと思って、考え出しました。

 元々絵を描くのが好きで持っていたphotoshopがこんな形で役に立つとは・・・

 ちなみにmodoも絵を描くための補助として購入してみたのですが、いつの間にか宝の持ち腐れになっていたところを、フィギュア造形のために引っ張り出し、再度勉強している最中です。

 話を戻すと、CG上ではこれでもいいけど、フィギュア造形として溝が浅くないか心配です。

 クホリア早く来て~~(T_T)