ゼロから始めるデジタル造形

アラフォーのおっさんが、今更ながらデジタル造形師を夢見て日々邁進(ときどき寄り道)しております。

途中経過

 完成してからドン!とアップしたいけど、それだといつアップできるかどうかわからないから、とりあえずできた裸体をアップ。

f:id:orangekujira:20171208002218p:plain

f:id:orangekujira:20171208002232p:plain

f:id:orangekujira:20171208002248p:plain

f:id:orangekujira:20171208002303p:plain

 脚をもっと細くした方がいいのだろうか・・・悩む・・・

 目のポリペイントについては、榊先生が実況されている

pixologic.com

で勉強させていただきました。

 1時間過ぎくらいから説明なされますが、うん、なんというか、へぇ~って感じです(笑)

 

キャストオフ仕様

 

f:id:orangekujira:20171029020408p:plain

 前回作った果南ちゃんをキャストオフ仕様にするため色々と試行錯誤して、なんとかできあがったのが上の写真。

 

 キャストオフ仕様にするにあたり、前回考えなくても良かったウエットスーツの厚みとか、腕の接続部分について考えなくても良かった問題に直面!!(>_<)

 ウエットスーツの厚みについては、少し厚くして出力してみると、そこまで気にならなかった(と思っている)。そもそも実際のウエットスーツも水着と比べると厚みあるからかな。

 問題は腕の接続部分。

 謎の腕輪をつけようかと思ったけど、手首にすでに腕輪があるのにと思って何か良いのが無いかと考えていたところ、オフショルダー水着なるものがあることを発見。

 で作ったのがこれ。

 

f:id:orangekujira:20171029014712j:plain

 これを、ウエットスーツを脱いだ果南ちゃんにはめるとこんな感じ。

 腕の接続部分は上手いこと隠せたのかなと思います(下からのぞかれたりすると見えますが(^^;))

f:id:orangekujira:20171029020527j:plain

f:id:orangekujira:20171029020607j:plain

f:id:orangekujira:20171029020641j:plain

 おっぱいが隠れてしまうのが残念(T_T)

 でも、お姉さんキャラだしオフショルダー水着とは相性が良いのかなと勝手にイメージしております。

 

 途中マイクホリアの調子が悪くなり全然使えなくなったのですが、社長さんの素早い対応のおかげで無事仮出力できました。

 もう少し手直しして、夏のWFまでに完成度を高めればと思います。

 

仮組

 クホリアでパーツをプリントアウトし、仮組立。

f:id:orangekujira:20170911112116j:plain

 これまでABSで作っていたけど、WFでクホリアさんのABS製、PLA製の造形物を比較したらPLAの方が凹凸がはっきりしていたので、PLAで作ってみました。

 全く同じ形ではないけど、水着のシワを比較すると

f:id:orangekujira:20170911111853j:plain

f:id:orangekujira:20170911111937j:plain

 上がABSで下がPLAです。

 PLAの方がはっきりしてます。

 ただ、これまでABSを使っていたのは、プリントした後の研磨とか後処理を考えるとPLAだと固くて難しいと聞いていたからです。

 そんな悩みを解決してくれるPLAがもう開発されているかなと思って調べて買ったのが、Verbatimという三菱化学メディアさんのPLAです。

 他のPLAを使ったことがないのでなんとも言えないけど、120の紙やすりだとよく消えたかな。

 WFでクホリアさんからPLAの試供品をいただき、これも削りやすいという話ですのでまた使ってみたら何かの機会にお話ししたいと思います。

 

 パーツをプリントアウトするにあたり色々と試行錯誤

f:id:orangekujira:20170911115115j:plain

 これら全て屍です(笑)

 これら屍を乗り越えた仮組みとなれたパーツがこれ。

 パーツによっては部分的に欠けていたりしますが、仮組ということで(笑)

f:id:orangekujira:20170911115252j:plain

 そして仮組したのが、一番上の写真と次の写真です。

f:id:orangekujira:20170911115447j:plain

f:id:orangekujira:20170911115534j:plain

f:id:orangekujira:20170911115652j:plain

f:id:orangekujira:20170911115833j:plain

f:id:orangekujira:20170911115902j:plain

 データでは当然だけどウエットスーツがカッチリはまっているのに、プリントアウトするとはまってなかったなど修正すべきところはまだまだあるので複製前までには直していきます。

 果南ちゃんがほぼ完成なので、善子ちゃんを作っていきたいと思います。

 

モデリング終了

 予定では昨日のうちにモデリングを終えたかったのですが、今日まで延びてしまいました。

 とりあえず完成したラブライブ!サンシャインの果南ちゃんがこれ。

 

f:id:orangekujira:20170814003744j:plain

f:id:orangekujira:20170814003807j:plain

f:id:orangekujira:20170814003842j:plain

f:id:orangekujira:20170814003858j:plain

 くるっと一周分の写真をアップしてみました。

 ウエットスーツをホットパンツぽい感じにしてみましたがどうでしょ?

 あと顔はどうかな?

 果南ちゃんに見えるかしら?

 でも画面とプリンターで出力したのとでは印象が違ったりするしなぁ。

 とりあえず、これからは分割しながら調整、クホリアで出力しながら細かすぎないかどうかなどを調整をしていきたいと思います。

 そして調整し終わったらクホリアで出力したものを組み立てて完成にもっていきたいけど、組み立て直前までを8月中に終えたら、善子ちゃんのモデリングをやっていきたいと思います。

 3ヶ月ぐらいかかってしまったけど、善子ちゃんは素体は作っていたので、もっと早くできるかな(^o^)

 

 

 

ワンフェス2017夏(の写真はアップしてないです・・・)

 この夏も一般客として見に行きました。

 ただこれまでと違い、来年夏のディーラー参加を目指し、造形している中で自分の中に生じた疑問点を他のディーラーさんはどのようにしているのかとか、クホリアで出力したフィギュアがどのようなものなのかなどを拝見させていただきました。

 また、クホリアユーザー限定で、多夢さんから現在開発中のPLAをいただきました。

 しっかりしていて、それでいて研ぎやすいとのことです。

 話を聞いているとABSよりPLAの方が扱いやすそうで、出力品を見ると、ABSで造形したものよりPLAで造形したものの方がくっきりと形が現れていたので、いただいたPLAで試してみようと思います。

 PLAはABSより固くて研ぎづらいということで避けていたのですが。

 企業ブースに叶美香さんが降臨したみたいですが、見られなくて残念です。

 みなさん、お疲れ様でした。

 

 ワンフェスに行っている間に、果南ちゃんのウエットスーツのファスナーがきちんと表現できるか3Dプリントで出力しておりました。

 当初は、ソフトに入っているブラシを使って、

f:id:orangekujira:20170731100618j:plain

こんな感じにやってみたのですが、これを出力すると、

f:id:orangekujira:20170731100821j:plain

どうも、細かすぎてギザギザ部分が欠けたり、穴が埋まったりしてう~んという感じでしたので、

f:id:orangekujira:20170731101256j:plain

という感じでデフォルメして再びプリントアウトしたところ、

f:id:orangekujira:20170731101329j:plain

とはっきりくっきりして良くなった感じがします。

 

 

 

途中経過(出力)

 先日の3Dデータをクホリアで出力してみたら約40時間かかってできたのがこれ。

f:id:orangekujira:20170703225858j:plain

ABSで、ノズル0.3ミリで積層0.05ミリ、サポート濃度はおそらく中間だったかな。

高さは16センチで、1/10サイズです。

もっとサポートを減らしたいのですが、失敗のリスクを減らすために多めに設定しています。

今の仕事を辞められたら色々試してサポートを少なくても綺麗に出力できるようにしたいのですが、現実は厳しいです(T_T)

で、サポートをできるだけとってサフを噴いたのがこれ

f:id:orangekujira:20170703231422j:plain

f:id:orangekujira:20170703231457j:plain

髪の毛とかサポートがきれいにとれなかったため、サフを噴くと汚くなってしまいました。

ももとかはおしりとか大きい部位はサポートもとれやすかったので、サフを噴いても綺麗ですけど、髪とか細いところはサポートも細かくなっているみたいでそれを取るのに一苦労やし、どうしても残ってしまった。

髪の一部が欠けたりもしたし(>_<)

細かいサポートを上手く取る方法はないものかしら。

今回の目的であった体のバランス等の確認はできたので今回はよかったけど、最期の方はもっと精密さをもとめることになると思うので、クホリアのポテンシャルを引き出せれるよう頑張らんとなぁ(^^;)

途中経過

 zbrushも4R8へとバージョンアップし、新しい機能の使い方の勉強中。

 それまでの機能も十分使い方がわかっていないんだけどなぁ(>_<)

 

 現在、ラブライブ!サンシャインの果南ちゃんを造形中。

 善子ちゃんの造形は服が大変そうなので、ウエットスーツの果南ちゃんを先に作ろうと思いました。

 で、ウエットスーツを着込む前の生まれたままの姿の果南ちゃんの造形ができたので、途中経過としてアップしたのが、これ。

f:id:orangekujira:20170701031334j:plain

f:id:orangekujira:20170701031949j:plain

f:id:orangekujira:20170701032007j:plain

f:id:orangekujira:20170701032024j:plain

 とまあ、全体はこんな感じです。

 で、顔の方は、

f:id:orangekujira:20170701032201j:plain

という感じで、「ニッ」ていう表情を表現してみましたが、どうでしょう(^^;)

 で、現在クホリアで全体を出力中。

 上手いこと出力できればいいなあ。

 あと、分割とか複製とか考えずに作ったけど、髪の毛とかそこらへん大丈夫かなという不安が・・・